ホームインスペクション(住宅診断)の必要性

保険損害調査43年 年間500件の復旧工事の実績
国土交通省大臣指定 住宅瑕疵担保責任保険法人 損害調査業務正式受託業者

お気軽にお問い合わせください

0800-800-7076

営業時間9:00~18:00(土日休)

visual

なぜ
ホームインスペクション
が大切か?

サービスの
お申し込み
お問い合わせ
見積もり依頼

DECISION

住宅が“健全な状態”で販売されているか、自分で判断できますか?

どこをチェックしたらいいかわからない・・・? 許容範囲なのかどうか判断がつかない・・・。 売主と1対1だと交渉しにくい・・・。
catch

家は「資産」です。

一生のうちで最も高い買い物のひとつ、それが「家」です。
家は資産です。資産の購入を自分たちだけで判断できますか?
それとも、専門家に立ち会ってもらいたいですか?
慣れない状況で何をどう判断していいのかわからない上に、 売主と1対1だと要求を言い出せない場面もあるでしょう。
今、時代のニーズを反映した「ホームインスペクション(住宅診断)」の要望が高まっています。点検・診断できる専門家「インスペクター(診断士)」が内覧会などに第三者として立ち合い、建物の状態を検査して、欠陥の有無、劣化の状況、改修すべき箇所、おおよその費用などを判断してアドバイスするサービスです。
私たちオーレンスは、年間2500件の損害調査と復旧工事で実績を重ねてきたスペシャリスト。欠陥住宅をつぶさに見てきた建築士の確かな目で、あなたの親身なアドバイザーとしてホームインスペクションを行います。

WHEN

ホームインスペクション(住宅診断)するならいつがいいの?

ホームインスペクション(住宅診断)は、「売買契約の締結前」に行うのが理想的です。もし、欠陥や不具合があっても売主側が修繕した後に契約する、もしくは修繕費用を売買価格から控除して契約するなどの手段が講じられるからです。修繕不可能なほどの大きな欠陥が見つかれば、契約そのものを再検討することもできます。不具合に気づかず、契約・入居後のトラブルになる事態は避けたいですね。

catch

WHAT

どんな検査をしてくれるの?

ホームインスペクションは、よく人の健康診断に例えられます。かかりつけのお医者さんのようなポジションで、インスペクターが家のコンディションを目視と計測を中心に、歩行可能な範囲で現状調査するものです。状況によっては、さらに精密検査を要する場合もあります。オーレンスでは診断後、ご要望があれば不具合のある箇所を修繕工事することも可能です。

EQUIPMENT

使用する機材

ホームインスペクションは目視が中心となりますが、オーレンスでは高性能な測定機材も併用し建物の状態をしっかり調査していきます。交渉の際には、感覚的な表現ではなく、具体的な数値を示すことが重要です。該当する箇所の数値的な根拠を示すためにこれらの機材を使用します。

デジタルカメラ

デジタルカメラ

懐中電灯

懐中電灯

オートレーザー

オートレーザー

気泡水準器

気泡水準器

レーザー距離計

レーザー距離計

コンベックス

コンベックス

クラックスケール

クラックスケール

インスペクションミラー

インスペクションミラー

打診棒

打診棒

脚立

脚立

軍手

軍手

双眼鏡|望遠鏡

双眼鏡|望遠鏡

FLOW

調査までの流れ

  • お申し込み

    お申し込み

    お申し込みフォームにご入力いただき送信してください。メールまたはお電話で回答させて頂きます。規模により診断内容を確認し、お見積もりを提出します。
    まずは質問や相談から検討してみたいという方は、お問い合わせフォームをご利用ください。

  • 調査日の決定

    調査日の決定

    お客様のご希望に合わせて日程を調整します。

  • お申し込み完了

    お申し込み完了

    オーレンスより送信致します最終確認のメールにご返信頂きまして、お申し込みが完了します。

  • 担当よりご連絡

    担当よりご連絡

    担当の住宅診断士がお電話でご説明します。気になることは何でもご相談ください。

  • 調査実施

    調査実施

    現地にてお客様の立ち会いのもと、厳密にホームインスペクションを行います。標準で2~3時間を要します。

  • 報告書提出・ご説明

    報告書提出・ご説明

    診断結果を写真や解説文でわかりやすく報告書にまとめ、約1週間後にメールで提出致します。

  • お支払い・終了

    お支払い・終了

    報告書がお客様のお手元に届いてから1週間以内に指定口座に料金のお振込みをお願い致します。